日本でも数少ないダブルカウンセリング!!

こういったお悩みはありませんか?


 

☑いろんなカウンセラーのセラピーを受けたがよくならない

☑悩みが多すぎてよくなると思えない

☑カウンセラーに傷つけられた

☑今のカウンセラーで大丈夫?と思っている

☑本・講座・Youtubeで心理学を学んだが良くならない

☑カウンセラーが多すぎて誰がいいのかわからない

☑どうせ良くなるならしっかり治したい

☑助けたい人が身近にいる

 

 

いかがでしょうか?

 

 

せっかくカウンセリングを

受けるならば・・・

効果が高いほうがいいと思いませんか?

 

 

ふつうのカウンセリングは

カウンセラーは1人ですが・・・

 

 

カウンセラーが2人という

日本ではごく一部の人しか

やっていないやり方で

 

 

お悩み解決のお手伝いを

させていただきます。

 

 

カウンセラーが二人だとどう違うのか


 

☑いろんな視点からのアドバイスがもらえます

☑隠れている本当の問題により早くアプローチできます

☑より多くの気づき・学びが得られます

☑心から納得できるカウンセリングを提供できます

☑癒しが促進されます

☑問題の再発を防ぎやすくなります

 

 

結果的に

一人のカウンセラーから

カウンセリングを受け続けることに比べて

 

 

短期間で

より多くの気づきや学び、癒しが

もたらされる効果が期待できます。

 

 

 

これらの面で、より多くのメリットが

あなたにあるのです。

 

 

カウンセラーのご紹介


 

20年間のアダルトチルドレン・うつ・パニック障害を乗り越えた
幸せのスパイラルに導く心理カウンセラー
小林ゆきやす

小林ゆきやすの詳しいプロフィール

 

20年間のアダルトチルドレン・うつ・パニック障害を乗り越えた
幸せのスパイラルに導く
心理カウンセラー

小林ゆきやすです

 

 

経歴

10歳:
HSPの気質もあり、親の影響でアダルトチルドレンの要素をもった子供だった。
父親が女性とかけおちし、その後離婚。父親には遊んでもらった記憶がなかった。
教育熱心な母親から多くの習い事を強制され、嫌といえず習っていた。
13歳:
いじめが原因で、十二指腸潰瘍になる
17歳:
学校の授業中に突然息苦しくなり、授業が受けれなくなる。
18歳:
大学に合格するも極度の不安感があり、講義に出席できなくなり中退する。
心療内科で、不安神経症と診断され、薬物療法を始める。
19歳:
病院を変更し、パニック障害とうつ病と診断される。
21歳:
パニック障害と共に、持病の腰痛を抱えていたので、バイト先も限定されていた。
そのバイトも症状により、辞めたり再開したりを繰り返す。
引きこもりがちになり、うつ病も酷くなる。
30歳:
うつ病で、一歩も動けなくなった。
パニック障害の過呼吸も酷くなり、救急車で運ばれ、親戚に引き取られる。
31歳:
うつ病を回復させつつ、生活のリズムをつかむために作業所に通う。
33歳:
知り合いのカウンセラーを紹介してもらい、カウンセリングを受け始める。
35歳:
心理カウンセラー養成講座で心理学等を学び、カウンセリングの効果に感動する。
38歳:
心理学の知識・技術を深める為に、別の心理カウンセラー養成講座を受ける。
何度もカウンセリングを受け、両親の恨みを終わらせ、HSPを理解し、アダルトチルドレンを改善し、ついにうつ・パニック障害が完治する。
現在:
「20年間のアダルトチルドレン・うつ・パニック障害を乗り越えた」心理カウンセラーとして、毎日、様々な症状で悩むクライアントをサポートしている。

カウンセリングへの思い

父親が駆け落ち。ずっと寂しい思いを抱えていた

幼い頃から、父親に遊んでもらった記憶がほとんどありませんでした。

そして、私が10歳の時、他の女性と駆け落ちして、その後離婚しました。

母親は忙しくしていたので、いつも寂しい思いをしていました。

 

 

教師である母親の期待に応えようとして無理して頑張っていた

小学校の頃、母親の期待に応えようとして、好きではない習い事を頑張っていました。

でもすごく嫌だったのを今でもハッキリ覚えています。

中学生の頃、言いたいことがいえず、いじめを受けるようになりました。

本当は相談して傷ついた心に寄り添ってもらいたかったのですが、親に相談したら逆に怒られそうでした。友達に相談しようとしても心を開ける友達がいませんでした。

相談することで、さらにいじめが酷くなるように思いました。

ずっと我慢していた結果、十二指腸潰瘍になってしまいました。

 

 

高校の授業中、パニック障害を引き起こす

高校生の頃、学校の授業中に、突然息苦しくなりうつ・パニック障害になり、学校に通うのが困難になりました。当時は、うつ・パニック障害を理解されにくく「怠けるな」と言われ、とても辛い思いをしました。

パニック障害が原因で大学受験も見送り、翌年無事合格するも通えず中退しました。人生の目標を失い、絶望感を感じました。

 

 

大人になってもうつやパニック障害に苦しみ仕事を転々とする

20代は、とにかく薬を飲みながらのバイトを続けたり辞めたりの繰り返しでした。

仕事がない時には引きこもりになり、うつ病もだんだんと酷くなっていきました。

同級生が社会人で立派になっていく中、焦りと不安をとても感じていました。

 

 

立派な社会人になろうともがいた20代の反動でどんどん病気が酷くなる

30代前半、うつ・パニック障害も酷くなり、全く動けなくなりました。

一人で生活することができなくなり、親戚の家に引き取られることになりました。

希望もないまま特にすることもなく過ごしていましたが、生活リズムが狂い、昼夜逆転になり不眠症にもなりました。

うつ病を回復させながら生活のリズムをつかむために作業所に通うようになりました。人生を諦めて、ここで一生過ごして死んでいくのだと覚悟しました。

 

 

知人の紹介で知り合ったカウンセラーさんがきっかけで人生が好転し始める

知り合いのカウンセラーさんにカウンセリングを受け始め、自分の気持ちに少し気づくようになりました。

気持ちが前向きになっていき、人生を一からやり直したいと思いました。

 

 

心理学に興味がわき、自分を変えたくカウンセラー養成講座に通う

35歳の時、自分を本気で変えようと心理カウンセラー講座で心の勉強を本格的に始めました。そこで、カウンセリングの効果の凄さに感銘を受けたのです。

そして、38歳の時、別の心理カウンセラー養成講座で、さらに深くカウンセリングを学びました。

 

 

カウンセリングを通してうつ・パニック障害を克服

1年間カウンセリングを必死で受け、アダルトチルドレンを克服し、両親の恨みの気持ちを終わらせ、ついに長年のうつ・パニック障害を完治させたのです。

そして、現在、「20年間のアダルトチルドレン・うつ・パニック障害を乗り越えた」幸せのスパイラルに導く心理カウンセラーカウンセラーとして、毎日、様々な悩みで悩むクライアントをサポートしています。

私は、長い間アダルトチルドレン・うつ・パニック障害・その他の精神疾患で苦しんでいたとしても、必ず改善していけると自身の経験から確信しています。

そして、様々な症状で苦しんでいる方が一人でも少なくなる世の中を目指していきたいと想い、毎日カウンセリングさせていただいております。

 

 

のべ15年30000件を超える経験
家族に平和をとりもどすカウンセラー
本郷彰一(ほんごうしょういち)

本郷彰一の詳しいプロフィール

 

私は、今まで
のべ15年30000件を超える心理相談をお受けしています。

 

不登校や心身症、虐待、HSC(いわゆる繊細な子ども)をはじめとする子育てのご相談をはじめ、

アダルトチルドレンや愛着障害、HSP(いわゆる繊細さん)の生きづらさ解消、

うつやそううつ、統合失調症、パニック、不安神経症、摂食障害をはじめとするこころの病気、

職場の人間関係、パワハラ、モラハラ、恋愛などの対人関係、

毒親、共依存、夫婦、親戚、セックスレス、家庭内暴力、DV、離婚相談など家族の問題など・・・

 

さまざまな悩みを抱えている方たちに
とことん寄り添って、

幸せな未来へ進めるように導いてきました。

 

実は、私自身
幼い頃にいじめを経験し

引きもこりやゲーム依存にハマるなど、
どん底の時期を何年も味わいました。

 

 

カウンセリングが成功するかどうかは、
カウンセラーである私と、
クライアントであるあなたとの相性がとても大事な要素となります。

 

ですので、
私がどのようにして、落ちていったのか、

 

そして、
どのように立ち直り、

 

今現在カウンセラーとして多くの人をサポートしているのか、
ぜひ、知っていただきたいと思っています。

 

 

幼少期のいじめに耐え抜いた日々


私は子どもの頃、いじめられていました

 

からかわれたり、叩かれたり、嫌がらせをされたりの毎日。

何度も「学校に行きたくない」と親に泣いて訴えても休ませてもらえず、

 

先生に訴えて学級会で話し合う機会を持ってもらったりしても、また繰り返し。

逆にやり返してみたこともありましたが、やっぱりいじめはなくならず。

 

「心理学を勉強すれば、いじめられない方法が分かるはず」

そんな思いで独学で心理学の本を読みましたが、状況は変わらず。

 

自分にはどうにもすることができない・・・と、

苦しみから逃れることを次第に諦めていきました。

感情を切って、とにかく時間が過ぎていくのをただ待つのみでした。
(今振り返ってみると、いわゆる「乖離」の一種です)

 

 

人生の転機① 正社員の仕事に就いたが・・・


そんな私でしたが社会人になりました。

 

最初に勤めた会社の同僚たちと仲良くなり
「遊びにおいで」と自宅に招いてもらいました。

 

何気なく同僚の子どもたちと遊んでいたのですが、子どもたちがけんかになり、仲裁にその同僚が入った・・・と思ったら

 

バチン!

 

おそらく、しつけのつもりだったと思いますが
「親が子どもを叩く場面」を目の当たりにしたのです。

 

直感的にこのような言葉が頭をよぎりました。

「子どもたちのために今すぐやらないといけないことがある!」

 


そして、正社員の仕事を辞める


そして、(周囲から見ると意味不明だったと思いますが)
「会社を辞めます」と上司に言ったのです。

 

(当然)上司にも親にも引き留められましたが

不思議と決心が固まっていたので、そのまま制止を振り切って退職しました。

 

辞める理由を何度も聞かれましたが
「子どもたちのためにやらないといけないことがありますので」

 

など説明したところで誰の理解も得られないだろうと思い、
本当の退職理由は誰にも言わず自分の中に閉まっていました。

 

 

人生の転機② 保育士になる


退職後の具体的な行動を何も決めないまま退職したのですが、
ほどなく次の直感がおりてきました。

 

「最短時間で子どもたちのために、を叶える方法は保育士になることだ」

「四大よりも短大のほうが短時間で保育士になれる」

「地元に保育士を取得できる短大があるじゃないか!」

 

そして社会人入学を経て、無事短大に入学しました。

 

学業・アルバイトの傍ら、養護学校に通う子どもたちの学童保育(今でいう放課後デイです)

にもボランティアとして関わせていただき、充実した日々を過ごしました。

 

 

保育士になったものの・・・


そして、保育園の先生になりました。

 

子どもたちから「先生、似顔絵あげる!」と笑顔の私を描いてくれた絵をプレゼントしてもらったり、

「大きくなったら本郷先生と結婚する!」と言ってくれたり。

 

保護者の方からも「先生、優しいですね」「あたたかいですね」と声をかけてもらったり。

 

毎日が慌ただしく過ぎていきましたが、子どもたちに関わる仕事ができて本当よかったなあ・・・と感じていました。

 

ところが。

 

(保育園の先生によくあることだと思いますが)ぎっくり腰を繰り返すようになってしまい、仕事を断念せざるを得なくなりました。

 

 

人生の転機③ ひきこもりとネットゲーム


仕事を辞めた後、言いようもない挫折感を感じるようになってしまいました。

いわゆる「燃え尽き」「ひきこもり」の状態です。

 

人と関わりを持つ余裕や元気を作ることができず、ただひたすらオンラインゲームをする毎日でした。

(1日15時間以上ネットゲームをしていたと思います。今だったら病院に行けば確実に「ゲーム依存症」と診断されるでしょう)

 

しかし、そのオンラインゲームの中で知り合った人たちと夜中や明け方までチャットで話したり、人生相談をしたり、逆に相談されたり。

 

 

オンラインゲームを介してつながった世界ではありますが、

それを通じた人とのかかわりの中で人を励ましたり、励まされたり。

 

時には年上の方からご自身の経験を語ってもらったり、

アドバイスをいただいたりもしました。

 

また、オフ会でその方々に実際に会って交流を持ったりもしました。

 

 

そういった人とのつながりの中で少しずつですが確実に元気をとりもどすことができ、

「こんな自分でも生きていて良いのだ。また誰かと関わりを持っても良いのだ」

という、自分に対する自信を取り戻していきました。

 

 

人生の転機④ カウンセリングを本格的に学びだす


新しい仕事をしながら休みの日は友人と遊び、それなりの生活を取り戻しました。そして、次第に複数の友人から悩みの相談に乗るようになりました。

 

その中にとても大きな生きづらさをかかえた友達がいました。

深い悩みを私にだけ打ち明けてくれたのですが、

当時の私はどうしてあげたら良いのか?全く分かりませんでした。

 

そうだ!
どうしたらいいのかわからないから
こころの専門家である心理カウンセラーに相談
しよう。

 

これをきっかけに、私が本格的にカウンセリングを受けるようになったのです。

 

 

過去の自分を思い出し、本来の自分を取り戻す


カウンセリングを受けるようになると
色々と不思議なことが起こるようになりました。

 

映画やマンガやTVなどをただ見ているだけなのに
汗が止まらなくなったり、変な居心地の悪さを感じたり、
急に涙が出て止まらなくなったり、無性に腹が立ったり。

 

それらはすべて
過去の自分が切り離し
封印されたままになっていた自分の感情でした。

 

時間をかけて私自身がカウンセリングを受けていく中で
自分の奥底にしまい込んでいた感情の封印を一つずつ解き、
感受性豊かな本来の自分を取り戻すことができました。

 

 

カウンセリングをしっかりと受けたおかげで

こころの仕組みや気持ちの立て直し方
自信を取り戻す方法
良い人間関係の作り方

なども知ることができました。

 

 

 

いよいよ、絶望のどん底と向き合う


そしてご縁にも恵まれ
結婚もして、子どもも生まれました。

でも、そこからが自分が抱えていた本質的な問題
向き合わざるを得なくなりました。
(今振り返ってみると、やっと「本質的な問題と向き合う準備が整った」ということです)

 

 

そのすべてをここでお話することはできませんが、
まさに「絶望の底」に叩き落されたような困難が何年も続きました。

選択を一歩間違えると一家離散したり、今、この世に私は存在していなかったと思います。

 

 

そのような瞬間が何度も何度も訪れましたが、「必ず乗り越えられる」と信じ、
そして、そんな私に対して何度でも何度でも声をかけ続けてくれた人たちのおかげで

自分自身と向き合い続けることができ、
いわゆる「悟りの体験」に至りました。

 

自分自身と徹底的に向き合い続けることで
世界の真実に気づき、自分の中にある誤解を解くことができたのです。

 

 

 

自分と向き合い続けた結果得られたもの


そのおかげで自分の中にある根本的な問題を解決することができました。


そして、たくさんの方々とのご縁やつながりに感謝させていただいたりしながら
妻や子どもたちと一緒に平和な毎日を過ごさせていただいています。

 

また、自然や宇宙の法則に逆らわない生き方を実践することで
こころのバランスを自分で保つことができるようになったり、

うわべにとらわれずものごとの本質を俯瞰的に見る
感覚を手に入れることができるようになりました。

 

つまり、自分自身の生きづらさから解消され
自分の人生を生きている!
という実感をありありと感じられるようになったのです。

 

 

カウンセラーとしてのべ15年 30000件の経験


これまで行政関係の機関で子育て相談員をさせて頂いたり、

複数のカウンセリングサイトで電話カウンセラーをさせていただくなど、

たくさんの経験をさせて頂きました。

 

 

子育て、不登校、ひきこもり、発達障害、恋愛、夫婦関係、嫁姑関係、ママ友関係、ご近所トラブル、

毒親、パワハラ、モラハラ、うつ、そううつ、統合失調症、摂食障害、パニック障害、適応障害、不安障害、リストカット、ボーター、各種依存症などをはじめとするご本人やご家族のこころの病気、

共依存、子どもや障がい者や高齢者への虐待、家庭内暴力、非行、浪費、DV、離婚、自死などなど・・・。

 

本当にたくさんの方から多種多様にわたる問題に関わらせていただきました。

 

 

「あなたがいてくれなかったら、子どもを叩いていたかもしれない」

「ブレずに私のことを信じ続けてくれたおかげで安心感を持つことができるようになりました」

「的確なアドバイスをいつもくださって本当に助かります」

「本郷さんはいつも穏やかなので安心して話せます」

 

などのお声をいただいています。

 

 

あなたに必要なことは・・・


保育士の仕事をしている時にとても強く感じていたことがあるのです。

それは「子どもを助けたければ、まず保護者が助からないといけない」ということです。

つまり、保護者が平和(笑顔)であれば家族みんなが平和であるということです。

 

育児書通りに子育てしているのに、
ネットやYoutubeで紹介されたノウハウやアドバイスとおりにやったのに、
全くうまくいかない・・・。


こんなお悩みを持つ方も多いと思います。

 

 

子育ての悩みだから、子どもをなんとかしないといけない。
これは、表面的なものの見方です。

本質的には「親自身のこころのバランスをととのえる」ことで
子育てをするためのこころの余裕を取り戻すことが絶対に必要なのです。
なので、まずは保護者が平和(笑顔)でないといけないのです。

 

 

とはいえ、最低限の知識(ノウハウ)は必要です。
私の場合は・・・

 

保育士としての知識・経験があるからこそ、子どもの発達や年齢ごとの子どもへの関わり方が分かります。

 

また、心理学の知識・経験があるからこそ、うつ・そううつ・当う失調症などこころの病気についての理解や関わり方、感情の扱い方、自信の取り戻し方、お薬にできるだけ頼らないようにするための考え方、行動、気持ちの持ち方などをお伝えすることができます。

 

さらに、行政機関での実務経験があるからこそ、虐待・DV・子育て支援・社会福祉・障がい福祉・精神保健福祉など、各種公的機関についての知識や情報をお伝えすることができます。

 

そして何よりカウンセラーとしての経験が豊富なので、お一人お一人に合ったカウンセリングメニューを提供することができます。また、お客様のご要望に応じて臨機応変な対応も可能です。

 

 

ここでは例として子育ての悩みをとりあげましたが
他のお悩み事でも、考え方(本質)は同じです。

 

表面的なノウハウに流されることなく
問題の本質と向き合うことで
確実に、そして根本から問題を解決することを強くオススメします。

 

 

最後に・・・あなたへのお願い


ここで一つだけ、あなたにお願いがあります。
困っている時に、絶対にやって欲しくないことが、ひとつだけあるのです。

 

それは「一人で抱え込む」ことです。

 

どうしてかといいますと


一人で抱え込んでいると、どんどん悪い考え方や悪い結果しか考えられなくなってきて、世界には誰も味方がいなくて敵しかいない!と思うようになってしまい、

最悪の場合、自暴自棄になって自分を傷つけたり、逆に誰かを傷つけたりしてしまうからです。

 

だからこそ、カウンセリングを受けてください

 

「こんなことで相談すると怒られませんか?」
「問題が難しすぎてどうにもなりません」

 

もしあなたがこう思っているのだとしたら、「だからこそ」です。
「だからこそ」カウンセリングが今、あなたに必要なのです。

 

あなたが自分に自信を持てるようになり、こころおだやかに毎日を過ごせるようになることで
家族に平和をとりもどすことができます。

 

あなたも子どもも、笑顔が絶えない平和な日々を手に入れることができます。

自分に自信を持って、未来に希望を持ち充実感あふれる毎日を過ごすことができます。

出会った頃のように、再びラブラブな二人の関係にもどることができます。

学校や職場に戻り、ふたたびやりがいや居場所を感じながら「ふつう」の生活をとりもどすことができます。

たとえ気持ちが沈んだり嫌な気持ちになったりしたとしても、スグに気持ちを立て直し他人に巻き込まれないご機嫌な自分でありつづけることができます。

 

あなたが生きている限り
可能性は必ずあります。


あなたが望む未来を叶えるために
私と一緒に取り組んでいきましょう。


 


経験豊富な二人のカウンセラーだからこそ

ダブルカウンセリングという形の

サービスを提供できるのです。

 

 

 

お客さまの声


※個人を特定できないように、いただいたお声を一部抜粋しています。

 

◎小林さんは普通なら見落としてしまいそうな細やかな気付きや時に鋭いご指摘も交えながら、この気づきや衝撃がのちに自分自身の肥やしになるんだろうなと思います。

 

◎本郷さんのカウンセリングには引き込まれるものがありました。感情を共有する部分と、冷静に無になるような境地を感じ、ムダなものを削ぎ落とし、相手が集中して内なる感情を引き出す所は、上手く言えませんが、すごかったです。

 

◎ホワっとした感じでいい感じの包まれ感。気づきを引き出すように、探るように、思い出してもらうように・・・。とても心地よかったです。

 

◎それぞれのキャラクターが、正と負、陰と陽な感じでいいです♪

 

 

先着3名様限り! 特別キャンペーンのお知らせ


いかがでしょうか。

 

 

私たちが個人でカウンセリングをするよりも

断然早く悩みを解決されるお客様が

多いです!

 

 

今回、8月より一般募集を開始させていただくことになりましたが

一般募集開始特別キャンペーン

の特別ご案内です♪

 

 

通常価格 90分 20,000円(税別)

のところを

特別価格 90分  5,000円(税別)
(初回限りのおためし価格。先着3名様限り)

 

でご案内させていただきます。

 

 

さ・ら・に

プレゼント動画

差し上げます♪

 

 

 

すぐにご予約が

埋まってしまいますので

今すぐお申込みくださいね。

 

 

 

お申し込み方法


お電話でお申し込み

→小林ゆきやすにお電話ください。
090-3283-4807
(受付時間:9時~21時)

 

お申込みフォームからお申込み

→以下のフォームに必要事項をご記入のうえお申込みください。

◇料金について◇

開始特別キャンペーン価格

2時間 20,000円 

90分 5,000円(税別)

 

◆お振込み先◆

三菱UFJ銀行 草津支店
普通0372101 本郷彰一

・お振り込みの確認をもって申し込み完了となります。

・振込手数料が発生する場合、お客様のご負担となります。

・一度お振込みくださった料金の返金はいたしかねます。

・支払いをしたが急な予定などでカウンセリングができなかった場合は、次回以降の参加に振り替えます。

◇注意事項◇

※カウンセリングはZoomで行います。

※お申込み後、連絡用LINEグループを作成します。

※当日、時間の直前にミーティングルームURLとパスワードをLINEグループに送ります。時間になったらお入りください。

※カウンセリング当日、携帯電話をお手元に置いておいてください。(Zoom接続がうまくいかないなど、何かあった時の連絡手段とします)

※前払い制となります。

※提供するサービスの性質上、一度お振込みくださった料金の返金は承りかねますのでご了承くださいませ。

(必須)

 

料金・振込方法・注意事項を読み、内容を理解しました。(必須)

 
 

 

 

よくあるお問い合わせ


Q.Zoomと言われてもよくわかりません。

A.Zoomとはインターネットを使って音声と映像で話をすることができるアプリケーションです。
まだ使ったことがないという方にはご予約時の連絡時に簡単ですがインストールや使い方についてご説明いたします。

(ご希望あれば、カウンセリングの前にZoom練習会をさせていただきます)
また、どうしても無理という方については他の方法についてもご提案させていただきますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

Q.事情があるので匿名&顔出しNGでカウンセリングを受けたいのですが・・・

 

A.電話など、顔を出さない状態でのカウンセリングが可能です。
また、緊急時の連絡に必要なためお客様のお名前と連絡先をお伝えいただくのですが事情のあるので名前を伏せたい方もおられると思います。

ご予約の際にその旨ご相談くださいね。

 

 

Q.家族も一緒にカウンセリングを受けることはできますか。

 

A.同席されるご家族様の同意があることが前提となります。

まずはご予約の際にその旨ご相談くださいね。

ご家族様についてのご相談であっても、まずはあなただけでもお越しくださいませ。

どうすれば良いのか一緒に考えさせていただきます。

 

 

Q.済みません!予約していたのに急な予定が入ってしまいました

 

A.キャンセル料についての規定がありますのでそれに沿った対応となります。

まずはメールで結構ですのでキャンセルの旨ご連絡くださいね。

 

 

 


 

未来を照らすゆるっと心理学動画
こちらから

 

 

7ステップ無料メール講座を始めました

 

ライン@で無料ご相談も承っておりますので
是非登録してくださいね。

 

特典

苦手な人のイメージ対処法(PDF・音声)

友だち追加

@plo8143g