AC もう一歩踏み出し、現状を変えたいあなたへ

20年間のアダルトチルドレン・うつ・パニック障害を乗り越えた
幸せのスパイラルに導く心理カウンセラー
小林ゆきやす です

 

あなたは以下のような悩みがありますか?

 

☑疲れきっているのに、走るのをやめられない

☑傷ついているのに手当の方法がわからずにいる

☑さびしいのに、一緒にいてほしいと言えずにいる

☑むなしいのに、なにが足りないのかわからない

☑どうして私はこうなのだろといつもおもってしまう

☑どうしても自分が好きになれない。

 

 

そんなあなたに……

 

 

私は伝えたいことがあります。

あなたは決して、ひとりではありません。

 

 

弱くても、

まちがっても、

完全でなくてもいいのです。

 

20年間のアダルトチルドレン・うつ・パニック障害を乗り越えた

幸せのスパイラルに導く心理カウンセラー小林ゆきやすが

 

 

あなたのお悩みをお聞きして、

一緒に悩みをやわらげていきます。

 

 

過去に、私は、

「5歳という幼少期に母親と祖母の喧嘩の間に挟まれて、双方の顔色を伺いながら、過ごし大人に成長してしまった」という方の、

 

お悩みを聞かせて頂いたことがあります。

 

 

その方のお話をじっくり聞かせて頂き、

幼少期のことを具体的にしていくと、

 

 

喧嘩の間に挟まれ、知らぬ間に私自身の心の中で

いくつかのメッセージを受け取っていました。

 

 

「双方の顔色を伺っていないと喧嘩になる」

 

「喧嘩、言い争いになったら自分のせいだ」

 

「嫌な気分だけど、双方に笑顔で接しておこう」

 

「家族関係が崩れるのは嫌だ」。

 

 

このようなメッセージでした。

 

 

しかし、このお話を聞かせて頂き、

感じたことがあります。

 

 

相談者の方の心のメッセージというのは、

 

決して、自分自身で

いいと思って選んだものではない

ことなのです。

 

気付いた時には、

相談者の方の中にあるのです。

 

例えば、

 

「人を信じてはいけいない」

 

「感情を口にしてはダメ」

 

「自分のことばかり考えるな」

 

というメッセージを受け取った人がいるとします。

 

 

このように、

自分の存在を否定するようなメッセージでも、

子どもは取り込んでしまいます。

 

 

子どもにとって、

親に見捨てられたら、

生きていかれないからです。

 

 

しかし、大人に成長した私たちは、

 

「人を信じてはいけいない」

 

 

「感情を口にしてはダメ」

 

 

「自分のことばかり考えるな」

 

 

「双方の顔色を伺っていないと喧嘩になる」

 

 

「喧嘩、言い合いになったら自分のせいだ」

 

 

「嫌な気分だけど、双方に笑顔で接しておこう」

 

 

「家族関係が崩れるのは嫌だ」。

 

 

過去のこのようなメッセージに

全く縛られる必要はないのです。

 

 

子ども時代のメッセージを

それでよいとするのか、

変えていくのかは、

 

 

今を生きる

私たちが選択しても良いんだよ

ということを

 

 

私は彼に伝えました。

そして彼は、

自分自身のペースで今、

現在へ歩き出しています。

 

 

私のカウンセリングは、

結果でなく、

プロセスを大事にしているので、

 

 

少しずつ自分の道を歩んでいき 、

その結果が

幸せのスパイラルにつながっていきます。

 

 

 

この記事を読んで、

 

「心のモヤモヤを感じる方」、

「一歩進めないと悩んでいる方」、

「生きがいを感じられない方」は、

 

 

加古川市、明石市、大阪、神戸市、

宍粟市、加西市、小野市、たつの市、赤穂市

から来店が多い姫路市のカウンセリングルームに

お任せ下さい。

 

 

通常1時間、10,000円を

毎月先着5名様に限り、

新規お試しカウンセリング3,000円

がお勧めです

 

 

遠方の方
SkypeやZOOM(インターネットの電話)
でのカウンセリングも好評です。

 

ラインで友達追加して頂きますと
様々なお知らせをお届けします
匿名でお悩み相談も出来ます

友だち追加

@plo8143g

 

 

テーマ別のゆるっと心理学動画もよければ見て下さいね!
こちらから

 

7ステップ無料メール講座を始めました