子供の為にが・・・・逆効果?!

20年間のアダルトチルドレン・うつ・パニック障害を乗り越えた
幸せのスパイラルに導く心理カウンセラー
小林ゆきやす です

 

不登校になっています」

「学校をよく休むんです」

 

という相談をよく聞きます。

 

お話を伺わせて頂いていると、

大変な事が起こっています。

それは・・・

 

 

 

 

 

《学校に行かせようとする言動が、逆効果になる》
のです

「えーー、そんなこと決してありません」

とよく言われます。

 

具体的な状況といくつかあげますと、

 

子供「学校いきたくない・・・」

親「そんなん言ってたら大人になったら困るよ」

 

子供「お腹が痛い・・・」

親「学校いったら治るわよ」

 

子供「あのAちゃんが嫌いでいきたくない」

親「みんな仲良くしないとダメよ」

 

 

この会話例をみて、

どう感じましたでしょうか?

 

 

実は、これ

子供の気持ちを否定しているんです。

 

否定すると、

 

そんな事、言ったらだめなんだ、

私の気持ちを否定された

 

と感じるのです。

 

 

そして、

不安が増え、さらに自信がなくなる

悪循環になり

学校にさらに行きたくなくなります。

 

 

では、これはどう感じますか?

 

 

子供「学校いきたくない・・・」

親「学校いきたくないんだね・・・」

 

子供「お腹が痛い・・・」

親「そかそか、お腹が痛いんだね・・・」

 

子供「あのAちゃんが嫌いでいきたくない」

親「そうなんだ、あのAちゃんが嫌いなんだ」

 

 

いかがでしょうか?

ただ、伝え返しているだけなんです。

 

 

これが、

子供の気持ちを

受け入れる、認める

という事になります。

 

 

そうすることで、

安心し、

続きを話してくれます。

 

 

これを繰り返していると

最終的には、

学校にいってみようかなって

いう気持ちに切り替わっていきますよ

 

 

では、子供がこれをいったら

どう答えますか?

 

 

子供「友達を殺したいぐらい腹立つわ」

 

考えてみてくださいね。

 

 

答えは下記のライン@で

「不登校 答え」と入れてくださると

お返事しますね^^

 

 

伝え返しても

「学校にまったくいけない」

「家にいることが多い」など

対処ができない方は、

 

 

加古川市、明石市、大阪、神戸市、

宍粟市、加西市、小野市、たつの市、赤穂市

から来店が多い姫路市のカウンセリングルームに

お任せ下さい。

 

遠方の方
SkypeやZOOM(インターネットの電話)
でのカウンセリングも好評です。

 

ラインで友達追加して頂きますと
様々なお知らせをお届けします
匿名でお悩み相談も出来ます

友だち追加

@plo8143g