パニック障害の原因は・・・

20年間のアダルトチルドレン・うつ・パニック障害を乗り越えた
幸せのスパイラルに導く心理カウンセラー
小林ゆきやす です

 

「電車が苦手なんです」

「特定の場所が苦手なんです」

 

 

私の所にこられる、

パニック障害のクライアントさんの

よくある話です。

 

 

そこには

沢山の共通点がありますが、

大きな共通点は・・・

 

 

 

 

 

 

 

《無意識に我慢をしている》
とういうことなのです。

私は20年間という長い年月

パニック障害という悩みを

抱えて生活していました。

 

 

もちろん、

特にひどかった時期は、

電車にも乗れませんでしたし、

 

 

散髪、会議室、エレベーター

などの特定の場所も

呼吸が苦しくなってしまうので、

避けてました。

 

 

そんな中、

治っていった事のひとつとして、

我慢をやめました。

 

 

徐々にですが、

こういったらダメだなあって

思うこと、

 

 

例えば、

友達に誘われても行きたくなければ

断ったり

 

 

人から言われたことを

やりたくなければ断ることもしました。

 

 

言い方は考えましたが、

言えるようになり、

 

 

自由が増えていったのです。

 

 

この

我慢をしない=自由

がとても大きいのです。

 

 

これを書くと、

なんでも我慢しない方がいいんだと

思う方もいられますが、

バランスが大事です。

 

 

パニック障害になる方の多くは、

他の人より、

優しくて、

真面目である

がゆえに、

我慢しすぎているんですね。

 

 

さらに、

やっかいなことは、

我慢しすぎて、

それが無意識になっている状態です。

 

 

まず、

「我慢していたんだ」

ということに気づく事が、

スタートになります。

 

 

ゆっくりと、

焦らなくてもいいので、

小さい我慢をやめてみませんか?

 

 

それでも

「パニック障害が治らない方」

「我慢がよくわからない方」は、

 

 

 

高砂市、加古川市、明石市、大阪、神戸市、

宍粟市、加西市、小野市、たつの市、赤穂市

から来店が多い姫路市のカウンセリングルームに

お任せ下さい。

 

 

遠方の方
SkypeやZOOM(インターネットの電話)
でのカウンセリングも好評です。

 

無料メルマガ登録で素敵なプレゼント

1.様々な情報配信、メルマガだけの特典配信、

2.「いつでも簡単にできる極上の心身リラックス法」(PDF・音声)

 

ライン@をご登録された方に素敵なプレゼント

1.ライン@で相談無料
2.苦手な人のイメージ対処法(PDF・音声)

友だち追加

@plo8143g